TOP » 採用担当者の声 » 国内 » 青山国際教育学院(財)日本語教育振興協会認定校 教務部長 北出 ゆり香 先生

青山国際教育学院(財)日本語教育振興協会認定校 教務部長 北出 ゆり香 先生

2016/11/01

日本語教育の世界は感動がたくさんあります。ぜひ、一緒に日本語を伝えていきましょう。

 

#

青山国際教育学院(財)日本語教育振興協会認定校

http://www.aoyama-international.com/

学校PR 私たちの使命は、学習者が日本語を習得して夢を叶えるお手伝いをすることです。そして日本語学校を卒業した後、留学生が日本の社会で生きていくために必要な知識、文化的背景や日本の考え方などを教えることです。そのために教師は知恵を絞って授業に臨んでいます。様々な国籍の学生の異なるニーズに応えるため、クラス編成や授業形態も多様です。

当校の特徴は「教師」と言えるでしょう。
年齢も経歴も様々な個性豊かな教師が働いています。初級から上級、総合科目から映画まであらゆる分野を教えられる教師が揃っていて日々研鑽を重ねています。チャレンジ精神が旺盛で新しい試みにも皆で試行錯誤しながら取り組んでいます。
家庭の事情で1度辞めたり、海外に行った教師が戻ってくるUターン教師が多いのも特徴です。 女性が結婚や子育てなど人生の中でのキャリアプランを考えた時に、働きやすい職場だと言えます。 教師同志仲がよく教務室はお互いの意見交換でいつもにぎやかです。

「青山」という立地条件も魅力の一つです。 学校では毎日さまざまなことが起きて時には落ち込む日もありますが、 表参道を歩いてオシャレなカフェでお茶をしているうちに元気が出てくることも。 街からもらえるパワーはとても大切なものだと感じています。

 

  • Q アークアカデミーの修了生を過去にご採用頂いたことがありますでしょうか?

    A 2名

  • Q アークアカデミー養成講座修了生の評価はいかがですか?

    A 1名は経験者で1名は未経験者の方です。お二人とも基礎をしっかり学ばれており、日本語教師に求められる資質を十分お持ちの方です。当校で行っている未経験者向けの教案指導や模擬授業のレッスンに積極的に参加されて授業を行うと同時に、ご自身の研修にも熱心に取り組まれています。学生や同僚教師からの信頼も厚く、チームとして一緒に仕事のできるすばらしい方々です。

  • Q 毎年の講師平均採用数を教えてください。またそのうち未経験者からの採用は何名になりますか?

    A 15名程度(2016年度は18人)、未経験者は9人

  • Q 求める人材像、日本語教師像を教えてください。

    A まず、何よりも日本語教育に熱くなれる方を求めます。そして決められたカリキュラムをただ「こなす」のではなく、自ら授業内容を工夫したり、自ら勉強したりすることで教師としての成長を望む方が理想です。チームワークですので周囲の方と協調して社会人として常識ある行動ができることも大切な要素です。

  • Q アークアカデミー日本語教師養成講座修了生・在校生へ一言お願いします。

    A 日本語教育の世界は感動がたくさんあります。ぜひ、一緒に日本語を伝えていきましょう。

#