用語名

オノマトペ/擬声語・擬態語

おのまとぺ/ぎせいご・ぎたいご

用語詳細

オノマトペとは音象徴語のことで、擬音語(擬声語)と擬態語を合わせた概念である。擬音語とは、外界の音を写したもので、擬態語とは、音を出さないものを音によって象徴的に表す言葉である。「雨がザーザー降っている」の「ザーザー」は擬音語で、「てくてく歩く」の「てくてく」は様子を表す擬態語である。オノマトペが多いことが日本語の特徴の一つだといわれている。

検索インデックス


検索カテゴリー

語彙意味