用語名

接辞

せつじ

用語詳細

接辞とは付属形式のことで、それ自身は自立性を持たない。接辞は、自立形態素(語幹など)に付く位置によって名称が異なる。語頭に付くものを「接頭辞」、語中に付くものを「接中辞」、語尾に付くものを「接尾辞」と呼ぶ。このうち「接中辞」は日本語には見られない。また、「接頭辞」よりも「接尾辞」の方が多い。

検索インデックス


検索カテゴリー

語彙意味