用語名

日本語教育振興協会

にほんごきょういくしんこうきょうかい

用語詳細

日本語を学ぶ就学生の増加に伴って、主に就学生を対象とした日本語教育施設(いわゆる日本語学校)を審査・認定するため、1989 年に設立された。1988 年の「日本語教育施設の運営に関する基準」に基づいて、日本語教育施設の審査・認定事業を行う組織である。
現在,日本語教育施設は「日本語教育機関」,就学生は「留学生」と呼ばれるようになっている。
2010年,事業仕分けによって上記の「・・・審査・認定事業」は『廃止(法的により明確な制度に改める)』とされた。
これを受けて,2016年7月に法務省入国管理局から新たな「日本語教育機関の告示基準」が公表された。

 

検索インデックス


検索カテゴリー

日本語教育の歴史と現状