社団法人グアダラハラ日墨文化交流学院 校長 松尾 孝司 先生|アークアカデミー日本語教師養成講座

社団法人グアダラハラ日墨文化交流学院 校長 松尾 孝司 先生

2016/11/01

遠い異国の地・メキシコで、皆さんの活躍を期待しています。

 

#

社団法人グアダラハラ日墨文化交流学院

http://www.nichibokugdl.com/

学校PR 当校は、現地の日系会によって設立された学校で、2007年以降学習者数は増加の一途をたどっています。日系企業の進出などの理由もありますが、メキシコ人に日本の良さや文化を伝えようという情熱を持ったスタッフ、そしてそれをサポートする学生たちの努力の賜物であると思います。メキシコと聞くと怖いイメージを持つ方がいるかと思いますが、学校内はアミーゴたちの笑いに包まれている学校です。是非、学校のウェブページを見ていただければ、学校の楽しさが伝わるかと思います。こんなことも教師がするのかと思われるかもしれませんが、学生を楽しませることは何でもします。一風変わった当校にいつでもお越しください。

 

  • Q アークアカデミーの修了生を過去にご採用頂いたことがありますでしょうか?

    A 3名採用しました。

  • Q アークアカデミー養成講座修了生の評価はいかがですか?

    A クラス準備から抜けがないように綿密な準備をしています。そして、クラスのニーズ、性格にあった授業をしていて評判が良いです。ただ、それだけでなく、クラス後の内省を怠らず次回へ向けての改善、新しいアイデアの実施をしています。アークアカデミーの養成講座修了生のスキルには頭が下がる思いです。

  • Q 毎年の講師平均採用数を教えてください。またそのうち未経験者からの採用は何名になりますか?

    A 年度によって0~2名。平均すると1名です。

  • Q 求める人材像、日本語教師像を教えてください。

    A 当校は、自由な校風である為、ある程度決められたカリキュラム以外では、個々の色を出した授業を心掛けています。よって、失敗を恐れずチャレンジし、その結果を仲間と共有できるような人材を必要としています。そして、学校内外では文化イベントの実施が多く、更にメキシコ日本語教師会の活動にも参加しているので、多忙であっても必ず成果があるといったポジティブな気持ちで積極的に取り組んでくれる人材が望ましいです。

  • Q アークアカデミー日本語教師養成講座修了生・在校生へ一言お願いします。

    A 海外に飛び出すことにためらうかもしれませんが、そこでしか味わえない雰囲気や経験が皆さんを魅了してくれるでしょう。それを楽しみに、日本語教師養成講座を頑張ってください。遠い異国の地・メキシコで、皆さんの活躍を期待しています。

#