—文化庁届出受理講座—

アークアカデミーの日本語教師養成講座420時間総合コースが『「日本語教育機関の告示基準」(平成28年7月22日法務省入国管理局策定)
第1条第1項第13号二に規定する日本語教員の要件として適当と認められる研修について届出を受理された日本語教員養成研修実施機関・団体』
として認定されました。*文化庁HP掲載のリスト*
アークアカデミー日本語教師養成講座420時間総合コースの修了証は
法務省告示校(留学ビザを持つ学生に日本語を教えるいわゆる日本語学校)をはじめ
さまざまな国内・海外の日本語教育機関で日本語を教えることができる資格と認められます。

  

総合力を養いながら資格を取得。

#

#

#

時間総合コース

日本語教育の現場を体験できる01

全国にある本校の5校舎には日本語学校が併設されており、50カ国以上の学習者が日本語を毎日学んでいます。
日本語教師養成講座の受講者は、授業見学・交流活動・フリートーキングなどを通じて、日本語学校の現場を体験、将来の姿をイメージしながら学習できます。さらに、日本語教師の先輩である講師陣から様々なアドバイスを受けることも可能。
また、こうした体験的な授業・交流と合わせて、受講期間中は420時間WEB講座も無料で視聴できます。

日本語教育の現場を体験できる

01クラス担任がきめ細かくフォロー

養成講座の授業を担当する講師は皆、日本語教師として教壇に立った経験を持ちます。経験に基づく授業や実践的なアドバイスが、受講者のスキルを向上させます。
また、本校では常駐の専任講師が修了まで一つのクラスを受け持つ担任制を取っています。担任は毎日受講者と顔を合わせ、一人ひとりとコミュニケーション。
日々の学習の悩みを聞き、進路相談にも応じます。

日本語教育の現場を体験できる

受講者同士で教え合い、
高め合う雰囲気
01

学生・第2新卒者・主婦・仕事をリタイアした方・外国人など、さまざまな受講者がクラスには在籍しています。
バックグラウンド・志望動機は様々ですが、スキルレベルに差はほとんどありません。
そのため、受講者同士で教え合い、お互いに高め合う雰囲気が自然と生まれています。

日本語教育の現場を体験できる

サクセスストーリー

420時間総合講座を受講した佐藤優生さん

大学で国際経営や国際援助を学んでいた佐藤さんは、
友人の勧めを受け、420時間総合コースを受講。
卒業後の現在は、外務省の実施している「経済連携協定(EPA)に基づくベトナム人看護師・介護福祉士候補者に対する日本語研修事業」で、日本語講師として活躍しています。

「考える力」を重視する授業と
経験豊富な講師陣がアークアカデミーの魅力です

佐藤優生さん
グローバル・メディア・スタディーズ学部
メディア学科卒業、2015年4月開講クラス入学
学習期間6カ月

海外通信

入学まで~選校理由

世界の人のためになるような
仕事を探してました

大学では、国際経営や国際援助などを幅広く学んでいました。国内外の社会貢献活動にも参加。また、アルバイトは大学時代を通じて塾講師をやっていました。世界の人のためになりたい気持ちが強く、教えることが好きな私にとって、日本語教師は魅力的な仕事でした。資格取得のためにアークアカデミーを選んだのは、420時間WEB講座を受けていた友人に紹介されたから。「長い実績があって信頼度も高いし、実践的な授業が魅力」と勧められたんです。

世界の人のためになるような 仕事を探してました

学校生活~授業の特徴

本からは学べない、実践的な授業が魅力です

授業では、本から学べないことをいろいろ学びました。例えば、先生の中には文法など理論面を長年研究されてきた方がいます。「その道の大家」から直接教われたのは大変貴重でした。また、日本語教師出身の先生も多く、体験に基づく授業は大変ためになりました。
クラスには、40代、60代の方もいました。異なる世代の人との交流は、人生勉強にもなったと思います。海外に何十回と行っている人がいて、その人の話を聞くうちに、海外に行くことを特別視していた気持ちもなくなりました。
また、私は週6日アルバイトをしていたのですが、勉強との両立に悩み、挫けそうになったときには、事務の方が声をかけてくださいました。きちんと、私のことを見ていてくれたようです。

本からは学べない、実践的な授業が魅力です

卒業後の進路

海外で日本語教師を待っている人のために

進路相談も随分しました。その際、日本語教師以外の様々な道も提示していただき、ベトナムのEPA(日本語予備教育事業)に進むことを決めたんです。
卒業した今は、ベトナムに行くための研修を受ける毎日です。模擬授業などもあるのですが、アークアカデミーの「考える力」を重視する授業のおかげで、自分の考えに基づく教案作成ができています。また、日本語学校の生徒と接する機会も豊富だったので、模擬授業などで外国人学習者を相手にしても、自然にコミュニケーションが取れます。
現地からは、「ぜひ、アークアカデミーのやり方で教えてほしい」と言われています。アークアカデミーに対する厚い信頼を感じますね。あとわずかで現地入りですが、今からワクワクしています。

海外通信

海外で日本語教師を待っている人のために

開講日・料金・給付金

  • 開講校舎・スケジュール

    開講校舎・スケジュール・定員

    420時間総合コースは6か月間の集中講座。
    基本的に平日週5日、1日約3~4時間の授業です。

    2017年7月期

    校舎 アークアカデミー

    東京都新宿区西新宿7-11-3 平田ビル1号館2階

    開講日 2017年7月3日(月)
    スケジュール

    毎週月~金曜日
    13:30~16:40または13:30~17:25(休憩含む)
    ※1単位時間は45分。1日あたり4~5単位時間の授業があります。

    定員 20名

    ※ 教育実習等の一部授業は日本語学校の授業に合わせて、校舎と時間が上記と異なる場合があります。


    カリキュラムの詳細をみる

  • 受講期間

    受講期間

    約6カ月

  • 料金

    料金

    入学金 20,000円(税別)
    420時間総合コース 受講料 480,000円(税別)

    ※ 各科教材費(30,000円程度)が別途必要となります。

    ※ 授業料分納をご希望の場合は、提携の学費ローンがご利用いただけます。
    ※ 「教育訓練給付制度」対象のコースです。

    今ならご来校いただいた方へお得な特典情報あり!!


    教育訓練給付金の詳細をみる

  • 特典

    特典

    通学期間中は420時間WEB講座が無料で視聴できます。

よくあるご質問

入学する前に授業見学はできる?
420時間総合コースの授業は無料で見学することができます。
日本語教師の勉強ってどんな感じ?久しぶりの勉強だけど大丈夫かな…など日本語教師養成講座に興味や不安がある方は、ぜひお越しください。
お申込みはホームページ、電話(0120-555-520)、メール(yousei@arc.ac.jp)にて受付けています。
どんな先生が教えてくれるの?
アーク養成講座は日本語教師歴20年の先生や、留学コースに限らずビジネスコースやプライベートレッスンと いった様々なクラスを受け持つ先生など、ベテラン講師が担当。受講生一人一人の質問に経験談を交えながら丁寧に対応し、プロの日本語教師として実際に教壇にたてるよう授業を行っています。
授業をお休みした場合はどうなる?
420時間総合コースは全6カ月間、固定クラス・メンバーで学ぶため、特に振替受講制度などはありません。その変わり、通学期間中は420時間WEB講座を無料で視聴することができます。欠席した授業の内容は、該当するWEB講座を視聴することで学ぶことができます。また、担任講師からもきめ細かいフォローを受けられますので、420時間のカリキュラム修了まで心配いりません。
教育訓練給付金の対象講座?
420時間総合コースは教育訓練給付金の対象講座です。
受給資格の有無については事前にハローワークで「支給要件照会」ができますので、ご自身でご確認ください。