選ばれる理由

本校は、1986年に日本語学校を開校、翌1987年には日本語教師養成講座を開講しました。
培った実績をもとに、「実践的なスキル」「考える力」を身につける質の高い授業を展開。
世界中で活躍する1万人以上の卒業生を輩出し、各種教育機関・団体からも厚い信頼を寄せられています。



1986年の開校以来培った
豊富な実績。

本校は、1986年に日本語学校を開校、翌年には日本語教師養成講座を開講しています。これまで様々な国と地域の人々と交流、日本語教育だけにとどまらず広く異文化接触・交流を行ってきた実績も豊富。その実績から、優秀な人材を育成する教育機関として、各種教育機関・団体からも厚い信頼を寄せられています。

1986年の開校以来培った豊富な実績。

全受講者が満足と答える授業。

授業では、日本語教師として必要な文法や音韻音声、第二言語習得に関する知識などの基礎理論をしっかり学びます。そして、日本語をどうやって外国人学習者に教えるのか、その技術も模擬授業や教育実習を通して身につけていきます。こうした質の高い授業により、毎学期末に行われる講師・授業に対する評価アンケートでは、100%の受講者が「授業に満足」と回答しています。(※2015年度・2016年度実績より)

全受講者が満足と答える授業。

「実践的なスキル」と
「考える力」を養成。

本校では、「実践的なスキル」と「考える力」を重視しています。また、教育実習に至るまでに多くの模擬授業が行われます。ここでは、受講者一人ひとりに、教室での振る舞いやジェスチャー、分かりやすい板書の方法などをきめ細かくレクチャーしながら、場面場面でどう判断するかを問うていきます。これにより、受け身ではなく、自ら考え、外国人学習者と柔軟にコミュニケーションする力を養います。

 

授業見学お申し込みはこちら

「実践的なスキル」と「考える力」を養成。

資格取得に強い。

「日本語教育能力検定試験」では、第1回から継続して高い合格率を維持。文化庁が定めた「日本語教員養成において必要とされる教育内容」に準拠した授業を行うことはもちろん、検定試験の出題範囲もしっかりカバーします。さらに、検定試験対策講座では、出題傾向をていねいに分析し、解答のテクニックを伝授しています。

資格取得に強い。

就職に強い。

「就職支援室」は、業界で唯一職業紹介事業許可を取得、求人や個別相談、履歴書添削など一人ひとりに合ったサポートを行っています。国内外から寄せられる求人情報は、毎年200件以上。各セミナーや研修などのイベントも多数開催しています。これにより、日本語学校だけでなく、青年海外協力隊・国際交流基金・国内外の大学など、世界中で活躍する1万人以上の卒業生を輩出しています。

就職に強い。

日本語教師としての経験を踏まえた授業を行っています。

講師から

大学時代に中国に留学したときのこと。現地で日本語を勉強していた中国人の学習者に、上級レベルの質問をされて上手く教えられないという経験をしました。これがきっかけとなり、日本語教師に興味を持ちました。
大学に通いながら本校に通学、日本語教師に。以来、文化や考え方の異なる様々な国の人たちを教えてきました。学んだのは、自分の価値観を押し付けないということでしょうか。
相手を尊重しながら、なぜやらなければならないか、目的や理由をきちんと説明することは 今でも心がけています。
日本語教師養成講座も担当することになった現在は、初級講座・交流活動・教授法などを受け持っています。授業では、これまで日本語教師の経験をなるべく盛り込むようにしています。失敗も成功体験もたくさんしてきましたが、それが、少しでも受講者の役に立てばと思って。
私は、「日本語教師になりたい」という熱い想いを持った人たちに直接会って、ノウハウを伝えていく日本語教師養成講座の仕事に、強いやりがいを感じています。教え子が、日本語教師となったと聞くのは、すごくうれしいですね。自分の授業が役に立ち、「同僚」を育てたことに達成感を感じます。
日本語教師は、本当に楽しい仕事。人と関わること、自分で考え工夫していくことが好きな人にはぴったりです。あなたも、私の「同僚」になりませんか?

専任講師 前澤 由紀子 専任講師 前澤 由紀子