日本語教育能力検定試験「マンボウ」問題

検索カテゴリー

文法体系

登録日

2008年11月25日

問題

次の文章を読み、各問いに答えよ。

主語を「文の成分の一つ。述語と対応し、述語の表す動作、作用あるいは性質、状態、関係などの帰属する主体を表す成分」と定義すると、そこには、体言に「が」のついたもの以外に、「は」「も」「しか」「だけ」や他の副助詞のついたものが含まれ、主語の内容があいまいなものになっている。()はガ格成分のうち、述語の表す意味の対象を示すものとして「仕事がつらい」「算術ができる」などを挙げ、これらを「」と呼んで、主語から区別した。

 

問1)文章中のAに入る適当なものを選べ。

  1. 三上章
  2. 佐久間鼎
  3. 寺村秀夫
  4. 時枝誠記

 

問2)文章中のBに入る適当なものを選べ。

  1. 客体語
  2. 補足語
  3. 対象語
  4. 補充語

 

問3)日本語の主語の特徴として不適当なものを選べ。

  1. 主語が省略されることはほとんどない。
  2. 「は」は主題以外にも対比を表す場合がある。
  3. 他動詞文や使役文の主語は無生物を嫌う傾向にある。
  4. 不特定多数が主語として想定される場合は、主語を表さないのが普通である。

解答

問1)4
問2)3
問3)1

問題解説

問1)

時枝は、独自の言語観に基づき「言語過程説」を唱え、国語学の分野に新しい展開をもたらしたことで知られる。

問2)

ガ格成分のうち、述語の対象となる語を対象語と名づけて主語と区別した。

問3)

日本語では主語の省略はよく起こる。一人称の場合や、「最後に塩を少々入れます」のように不特定主語の場合にも主語を表さないのが普通である。

カテゴリー別

前の問題 次の問題