日本語教育能力検定試験「マンボウ」問題

検索カテゴリー

言語理解の過程

登録日

2012年08月21日

問題

次の記述と最も関係の深いキーワードを,一つ選べ。

 情報処理のプロセスで,まず予備分析・文脈情報・知識などに基づいて心的な仮説が形成され,その仮説を検証して処理を進める方法である。もし仮説が棄却されれば,新たな仮説で検証がすすめられ,安定するまで循環的に繰り返される。

  1. スキミング
  2. スキャニング
  3. トップダウン処理
  4. ボトムアップ処理

解答

3

問題解説

1の「スキミング」,2の「スキャニング」は,それぞれ速読技能の名称。

カテゴリー別

前の問題 次の問題