日本語教育能力検定試験「マンボウ」問題

検索カテゴリー

音声・音韻体系

登録日

2016年03月15日

問題

*この問題は2006年に掲載した問題の再掲載となります。申し訳ありませんが、ご了承ください。

次のそれぞれについて、【 】内に示した観点から見て、他と最も性質の異なるものを選べ。

問1) 【東京アクセントの特徴を指摘しているもの】

  1. 高低アクセントである。
  2. n拍語にはn+1の型がある。
  3. 第1拍目と第2拍目は必ず高さが違う。
  4. 1語の中でアクセント核が二つ以上現れることがある。


問2) 【「の」の意味】

  1. 漢字のテスト
  2. 熱帯植物の本
  3. 山歩きの達人
  4. 恩師の田中先生

 

問3) 【「です」の種類】

  1. 今日は暑いですね。
  2. この犬は病気ですね。
  3. ヤンさんはタイ出身です。
  4. あの方は国会議員です。

解答

問1) 4
問2) 4
問3) 1

問題解説

問1) 1語の中でアクセント核が二つ以上現れることはない。
問2) 4以外は「~に関する」という意味。4は、同格と呼ばれる用法。
問3) 1は、イ形容詞について丁寧体にする。「だ」に置き換えができない。

カテゴリー別

前の問題 次の問題