日本語教育能力検定試験「マンボウ」問題

検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)

登録日

2009年04月21日

問題

次の問いに答えよ。
 

読解指導におけるスキミングとスキャニングの説明として最も適当なものを選べ。

  1 スキミングとスキャニングは、ともに速読系の活動である。
  2 スキミングとスキャニングは、ともに精読系の活動である。
  3 スキミングは精読系、スキャニングは速読系の活動である。
  4 スキミングは速読系、スキャニングは精読系の活動である。

解答

1

問題解説

スキミング(大意把握)もスキャニング(探し読み)も、ともに速読系の読解活動である。なお、精読はボトム・アップ処理が、速読・多読はトップ・ダウン処理が、それぞれ活動を促進させる。

カテゴリー別

前の問題 次の問題