日本語教育能力検定試験「マンボウ」問題

検索カテゴリー

文法体系

登録日

2014年04月15日

問題

*この問題は2006年に掲載した問題の再掲載となります。申し訳ありませんが、ご了承ください。

次のそれぞれについて、【 】内に示した観点から見て、他と最も性質の異なるものを選べ。

問1) 【「で」の用法】

  1. 式典は学校の中で行われました。
  2. 映画館で乱闘騒ぎがあったらしい。
  3. 文学賞の受賞を学校中で祝いました。
  4. 大雨の後、水かさが増えたため、川で泳げなくなった。
  5. 腹が減ったので、駅のプラットホームで弁当を食べた。

 

問2) 【「~は~が~」構文の種類】

  1. その健康食品は成分が秘密でした。
  2. その事故は厚生労働省が監督庁だ。
  3. あの計画は社長が発案者だった。
  4. その芝居は田中さんが主役です。
  5. この戦争は誤解が原因である。

 

問3) 【タ形の意味】

  1. 火を消した後に入れる。
  2. 変な服装をした男がいる。
  3. 鉛筆を忘れたとき貸してくれた。
  4. さっき、間違えて押した人はいませんか。
  5. 申込用紙を出した方は、右の部屋でお待ちください。

解答

問1) 3
問2) 1
問3) 2

問題解説

問1) 3のみ主格補語を表す「で」。他は、動作の場所格を表す「で」。
問2) 1は「XのYがZ」の「Xの」の取立て。他は「YがXのZ」の「Xの」の取立て。
問3) 2は「ている」に置き換えられる「結果の残存」。他は完了の「た」。

カテゴリー別

前の問題 次の問題