用語名

ノハ強調構文

のはきょうちょうこうぶん

用語詳細

文中の名詞を特に他と対比させるために取り立てて「~だ(です)」の形にし、残りの要素を主題の形で提示する形式の文。
がこの絵を描いた。→この絵を描いたのは彼だ
彼がこの絵を描いた。→彼が描いたのはこの絵だ
この形式の文は必ず「~のは~だ(です)」という形になり、「ノハ強調構文」あるいは「分裂文」と呼ばれる。

検索インデックス


検索カテゴリー

文法

アークアカデミー 日本語教育能力検定試験 対策講座