用語名

〜は〜が

は〜が

用語詳細

(1)動作・行為の対象語が主題になっている。
 ・この本のレイアウトは私が担当する。
  「私がこの本のレイアウトを担当する」の文の、ヲ格で表される為の対象語の「レイアウトを」が主題になっている。
(2)行為の主体が主題になっている。
 ・彼女はバッハの音楽がとても好きだ。
  「彼女がバッハの音楽がとても好きだ」の文の、ガ格で表される行為の主体「彼女が」が主題になっている。
(3)述語の主格を修飾する連体修飾の部分が主題になっている。
 ・この店は店員が親切だ。
  「この店の店員が親切だ」の文の、主格「店員が」を修飾する連体修飾の部分「この店の」が主題になっている。
(4)述語名詞を修飾する連体修飾の部分が主題になっている。
 ・その火事は寝たばこが原因だ。
  「寝たばこが、その火事の原因だ」の文の、述語名詞「原因だ」を修飾する連体修飾の部分「その火事の」が主題になっている。
(5)主格が主題になっている。
 ・家は一戸建てがいい。
  「一戸建ての家がいい」の文の、主格「家が」を修飾する連体修飾の部分「一戸建ての」の「の」がなくなっている。

検索インデックス


検索カテゴリー

語法