用語名

発音練習

はつおんれんしゅう

用語詳細

発音練習は大切だが指導に割ける時間が限られているため、短い時間で効果的な指導をする必要がある。練習の方法としては、単音レベルで日本語の音に慣れることから始め、単語レベルで拍、アクセントを重点的に指導したり、文レベルでリズム、イントネーションの指導などが行われている。詩などの朗読練習が行われることもある。一度不自然な発音が身に付いてしまうとその矯正には相当の時間がかかるので、初級段階からきちんとした発音を指導することが大事である。また教師が熱心にやりすぎて学習者が自信を喪失してしまうこともあるので、指導の方法には工夫が必要である。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)