用語名

ヒューマニスティック系教授法

ひゅーまにすてぃっくけいきょうじゅほう

用語詳細

教育より学習を優先し学習効果は学習者の人間としての能力を最大限に引き出すことによって高められるとする教授法をヒューマニスティック・アプローチと呼ぶことがある。こうした考え方に基づく教授法では、学習効果を高めるためには学習者が心理的な緊張、不安から解放され、リラックスした状態で精神の活性化や創造性の増大を図ることが重要であるとの考え方をとり、授業の際は学習者がリラックスできるような教室作りや音楽を利用するなど学習者の情緒面に対する配慮が重要視されている。こうした教授法の代表としてサジェストペディアや、CLL などがあげられる。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)

アークアカデミー 日本語教育能力検定試験 対策講座