用語名

評価

ひょうか

用語詳細

教育における評価とは、教育目標に向けて学習者がどの程度学習項目を身につけたかを評価、判定(評定)することである。一般的には「テスト」というかたちで行われる。評価はこうした学習の到達度を知るためだけでなく、それによって教師は教え方やカリキュラムなどについて見直す手がかりが与えられる。また学習者にとっても自分の学習方法を見直したり、学習上の重要な点がどこにあるか、自分はどの位置にランクされているかなどを知る手がかりとなる。学習の評価は、実施する時期や目的によって、診断的評価、形成的評価、総括的評価に分けられる。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)