用語名

標準偏差(standard deviation)

ひょうじゅんへんさ

用語詳細

一つ一つの測定値と、平均値との差を偏差という。
例えば、クラス内での身長を例として、一人一人の生徒の身長が、クラス平均とどれだけ離れているかを考えると、そのクラスの生徒たちの身長のばらつきが大きいか、あるいはばらつきが小さくて全員が同じような身長であるかを知ることができる。
この偏差の二乗を合計し、測定値の数で割った値が分散、分散の正の平方根が標準偏差である。
いずれも、データのばらつきを示すと考えてよい。
テストの分析などでは,得点分布の散らばりや広がりの程度を示す数値である。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)