用語名

ビジネス日本語能力テスト(BJT)

びじねすにほんごのうりょくてすと

用語詳細

日本語を母語としない外国人ビジネスマンを対象に1996 年から毎年1回実施しているテストで、さまざまなビジネス場面での「日本語によるコミュニケーション能力」を測ることを目的としている。項目応答理論に基づいた統計処理により0~800点で採点され、J5~J1+の6段階のレベルで評価される。
独立行政法人日本貿易振興会(ジェトロ)が行っていたが、2009 年からは公益財団法人日本漢字能力検定協会が実施している。

 

検索インデックス


検索カテゴリー

日本語教育の歴史と現状