用語名

ピグマリオン効果

ぴぐまりおんこうか

用語詳細

アメリカのローゼンタールが小学校の教師を対象として次のような実験を行った。小学生たちに普通の知能テストを受けさせ、担任の教師には、「このテストで、将来伸びる子がわかる。先生にだけその名前を教える」と伝え、実は成績とは関係なく、まったく無作
為に選んだ生徒の名前を告げた。しかし1年後の知能テストでは、名前を挙げられた生徒は、ほかの生徒に比べて、成績が有意に向上していた。ローゼンタールはこの結果から、相手に期待することによって、相手もその期待にこたえるようになるという現象があると考え、それをピグマリオン効果と呼んだ。ピグマリオンとはギリシャ神話の登場人物で、自分の作った彫刻に恋をし、それによって彫刻が生きた女性に変わったという。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語理解の過程