用語名

複文構造

ふくぶんこうぞう

用語詳細

複文は複数の節で構成される。節はその複文の中で構造を形成しており、それを「複文構造」という。複文の文末の節を「主節」と呼び、これが文全体をまとめる働きをする。主節以外の節は「接続節」と呼ばれ、主節に対してある特定の関係で結びついている。接続節はさらに「並列節」と「従属節」に分けられ、従属節は「副詞節」「連体修飾節」「補足節」に細分される。

chart19.gif

検索インデックス


検索カテゴリー

文法

アークアカデミー 日本語教育能力検定試験 対策講座