用語名

三上章(みかみあきら)

みかみあきら

用語詳細

1903 - 1971。工学部出身だが日本語文法を独学で研究。中学高校の数学教師を経て大谷女子大学の国語学教授に就任。助詞「は」の働きなど、独創的文法論を展開した。また「主語廃止論」の提唱でも知られる。主著『現代語法序説』『象は鼻が長い』など。

検索インデックス


検索カテゴリー

日本語史と方言

アークアカデミー 日本語教育能力検定試験 対策講座