用語名

リンガフランカ(lingua franca)

りんがふらんか

用語詳細

異なる言語が接触したしたときに商取引やコミュニケーションの手段として共通する言語の必要性が生じ、参加する人々の言語をもとに新しく混成される言語をいう。かつて行き来の盛んであった地中海沿岸には、イタリア語、フランス語、スペイン語、ギリシア語、アラビア語、トルコ語などの混成のリンガ・フランカ(共通語)が生まれた。コロンビアの部族間にもリンガ・フランカが存在するという報告もある。
多言語地域で単なる共通語という意味で使われる場合も多い。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語と社会の関係