用語名

海外の日本語教育事情・ブラジルの場合

かいがいのにほんごきょういくじじょう・ぶらじる

用語詳細

1908 年以降、日本からの移住者とその子弟が111 万人を数え、日本語学習者の日系人が多いことは特徴的である。日本企業の進出に伴い、日本語教育の需要は増加しているのに、一般の日本語学校の大半は日系人による小規模なものである。太田亨(1997 年現在)は、公的な教育機関は16 校を数え、高等教育機関の日本語教育が抱える問題点は
⑴ 日本語教育に割ける授業時間が少ない
⑵ 採用条件に合う授業スタッフの確保の難しさと待遇の問題
⑶ 多様な学習ニーズを満たすための教材不足
⑷  学生が日本語を学習したり,成果を生かしたりする環境が国内に十分整備されていないこと
の4点であると指摘する。

検索インデックス


検索カテゴリー

日本語教育の歴史と現状