用語名

内容言語統合型学習

ないようげんごとうごうがたがくしゅう

用語詳細

CLIL( Content and Language Integrated Learningの略語 )。
理科や社会などの教科学習と語学学習を統合した教育法。

なお,以下は小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』の記述より。

教師が語学以外の科目を外国語で教えるのは新しい学習の概念ではなく、世界的に古くから行われてきた。日本でも明治時代に大学がつくられた当初、日本語ではなく英語、フランス語、ドイツ語などが用いられていた時期があった。現在、英語は事実上の国際共通語となっており、日本でも12歳以上の生徒は英語を学び、英語学習の開始はさらに低年齢化しつつある。しかし、国際英語検定などにおける日本人の英語力は低いのが現状であり、CLILは英語教育を改善する手だてとして注目されている。

検索インデックス


検索カテゴリー

異文化間教育・コミュニケーション教育