用語名

ARCSモデル

えーあーるしーえすもでる

用語詳細

ARCSモデルは,Attention:注意,Relevance:関連性,Confidence:自信,Satisfaction:満足感 からなる学習動機に関するモデル。
Keller の提唱による。
 <注意>  :A1 知覚的喚起,A2 探究心の喚起,A3 変化性
 <関連性>  :R1 親しみやすさ,R2 目的指向性,R3 動機との一致
 <自信>  :C1 学習欲求,C2 成功の機会,C3 コントロールの個人化
 <満足感>  :S1 内発的な強化,S2 外発的報酬,S3 公平さ

参考文献:「教育工学事典」日本教育工学会,実教出版,2000

検索インデックス

A


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)