用語名

旧字体と新字体

きゅうじたいとしんじたい

用語詳細

同じ漢字として認識されているものに、複雑なものと簡略化されたものがある場合、前者を本字康煕字典体・旧字体、後者を略字(簡易字体)・新字体と呼ぶ。新字体は、昭和24 年の「当用漢字字体表」で示された字体である。これを受け継いだ現行の常用漢字表の漢字欄には、現代の通用字体(新字体)が明朝体活字をもって示されているが、ところどころに括弧付きで旧字体が添えられている。これは明治以来行われてきた活字の字体とのつながりを示すためである。

検索インデックス


検索カテゴリー

文字表記