用語名

屈折接辞

くっせつせつじ

用語詳細

屈折接辞は「活用接尾辞」ともいい、同一の品詞の語を、文法的カテゴリーによって体系的に変化させる接辞である。「食べ」「食べ」「食べない」「食べよう」「食べ」「食べたら」「食べたり」などがこの例である。活用以外に、複数語尾や格変化などの文法的機能の表示に携わる役目を持つ。

検索インデックス


検索カテゴリー

語彙意味