用語名

クロス表

くろすひょう

用語詳細

クロス集計とは、ニつ以上の質問項目をクロスして表(クロス表)を作成することにより、相互の関係を明らかにするための集計方法で、アンケート調査の集計では最も一般的に用いられている手法である。例えば、ある意見に「賛成・反対」が「男性・女性」でそ
れぞれ何人か、といったデータを表にまとめる時に用いられる。クロス表の度数をもとにカイ2乗検定などの統計的検定を行うこともできる。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)