用語名

訓点資料

くんてんしりょう

用語詳細

奈良時代から江戸時代までの漢籍・仏籍・国書などの漢文や和漢文の漢文の日本語の読み方、すなわち訓読を示すために漢文の傍らに返り点や仮名やヲコト点やその他の符号を施したもので、音韻などの当時の言語に関わる資料となる。

検索インデックス


検索カテゴリー

日本語史と方言