用語名

訓読み

くんよみ

用語詳細

漢字の意味に和語を当てた読み方。これは漢字が伝来する以前から日本で使われていた和語に、同じ意味の漢字を当てはめた、いわば翻訳語である。種類として、正訓、国訓、義訓(熟字訓)、人名訓などがある。正訓は漢字本来の意味に和語を当てたもの(山・やま、青・あおい)、国訓は漢字本来の意味とは無関係に、文字だけを借りて和語を当てたもの(供・とも、割・わり)である。義訓の例には小豆・あずき、雪崩・なだれがある。

検索インデックス


検索カテゴリー

文字表記