用語名

SAPL(Self-Access Pair Learning)

SAPL(Self-Access Pair Learning)

用語詳細

スイスのファーガソンによって開発された教授法。ひとつの特徴的な理論からなる教授法ではなく、他の教授法の影響を受けた一種の寄せ集め型教授法である。活動性、感情移入、不安からの解放を基本的な理念としている。教室活動は教科書依存型で、教材とテープにより学習者の活動が指示される。教師は学習者が自主的に学ぶことを助けることが役目と考えられている。

検索インデックス

S


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)