用語名

指紋押捺制度

しもんおうなつせいど

用語詳細

日本ではかって外国人登録の際に指紋を押捺することが全員に義務付けられていた。押捺する際に尊厳を傷つけられるとして不快感を持たれていた。特に特別永住者である韓国人などの反発も強く、1980 年代から1990 年代にかけて指紋押捺の義務は緩和されてゆき、1999 年には永住外国人だけではなくすべての外国人に対して撤廃された。
一方で,2001年米国における同時多発テロなどの影響から,2007年以後,テロ防止の観点で日本に入国する外国人に指紋と顔写真の提供を義務付けることになった。ただし,特別永住者の再入国,16歳未満の者,政府が招聘した者は免除される。

検索インデックス


検索カテゴリー

異文化接触