用語名

初級

しょきゅう

用語詳細

一般に初級と言われるのは、学習の開始から約200 〜300 時間の授業時数をかけて行われる学習段階である。2009 年までの「日本語能力試験」の認定基準では、学習時間300 時間程度、語彙1,500 語程度、漢字300 字程度で、日常生活に役立つ会話ができ、簡単な文章が読み書きできる能力が、初級修了のレベルとされている。初級の学習目標は、音声と文字の両面にわたる基礎的な能力をつけることにある。文法項目は、基本文型基本語彙を中心に、学習項目を難易度別に配列した基本文型中心の教科書を用いて基本的な文型から順に積み上げる形で学習していく。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)