用語名

信頼性

しんらいせい

用語詳細

信頼性とは、テストが測定の道具として一貫性、安定性をもっているかどうかということである。信頼性が高いということは、理科の実験で使う測定用具と同じように、同じ測定対象に同じ条件下で測定した場合、何回測っても誰が測ってもいつも同じ結果が得られることを意味している。
個人の能力や技能などのように測定対象がその都度変動しやすいものである場合、何回も測定し、その平均値を真の値とみなすことができる。毎回の測定結果が真の値としての平均値からあまり外れていなければその測定は信頼できるものであるし、テストのたびに大きく外れるならその測定は信頼できないということになる。
同一受験者に同じテストを繰り返し行う方法は手続き上問題が多いため、テスト結果を統計的に処理して信頼性係数によって示すのが一般的である。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語教育法・実技(実習)