用語名

スクリプト(Script)

すくりぷと

用語詳細

人間が持つスキーマとしての知識の中で、特に手続き的知識に関わるものである。
スクリプトは、ある典型的状況で人間が想起する一連の手続きを表現する方法として、 シャンク&エイベルソン(Shank & Abelson,1977)によって考案された。
例えば以下の3つの文を読んだだけで、そこで何が起きたかを容易に理解できるのは、我々が、レストランに入って、食事をし、勘定を済ませ、店から出て行くという一連の行為についての知識 (レストラン・スクリ プト)を持っているため、明示されていない部分で何か起きたかを補完することができるからである。
(1)太郎はあるレストランに入った。
(2)特大のステーキに挑戦してみることとした。
(3)彼はベルトをゆるめながら店を出た。
スクリプトは、我々の日常生活の多くの場面で、我々の認知活動を助ける(あるいは制約 を与える)スキーマの一種であると言える。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語理解の過程

アークアカデミー 日本語教育能力検定試験 対策講座