用語名

ソーシャルスキル・トレーニング

そーしゃるすきる・とれーにんぐ

用語詳細

対人関係をスムーズにするためのいろいろな技能。対人関係を円滑にするためには、まず、相手の発信した情報を理解しなければならない。しかし、日本語で「考えておきます」といわれた時、日本人なら拒否の意味だと理解できるが、外国人にはそのことがわからないことも多い。また、自分が理解したことに基づき、自分から何かを伝える場合も、文化によって大きな違いがある。アメリカ社会では、自分の考えをできるだけはっきり伝えることが要求されるが、日本ではむしろ、相手を立てて自分を殺すことが好まれる。このように社会的スキルを身に付けるには、その背景となっている文化を知らなければならない。
この対人関係をスムーズにする行動を習得する練習のことをソーシャルスキル・トレーニングという。

検索インデックス


検索カテゴリー

異文化間教育・コミュニケーション教育