用語名

第二言語知識

だいにげんごちしき

用語詳細

学習者が持っている第二言語の知識には、「学習」により身につけた顕在的あるいは明示的な知識(文法規則など説明が可能なもの)と「習得」された隠在的あるいは非明示的な知識(説明できないが感覚的にわかっているもの)があるといわれている。また、文法規則のように知識として頭の中にある陳述的知識とその知識を実際に使うための手続き的知識とにも分類できる。

検索インデックス


検索カテゴリー

言語理解の過程