用語名

デブリーフィング

でぶりーふぃんぐ

用語詳細

異文化体験のためのシミュレーションが終わった後、参加者がそこで何を感じ、どのように行動したかなどを話し合うこと。お互いの経験や感じ方を共有することで、いままで行われたシミュレーションからどんなことを学ぶことができるか、普段、どのような場面で同じような体験をしたかなどを意識化していく。ゲーム的に行われていた体験学習を整理し、異文化の知識としてまとめ、今後そこから学んだことを実際にどのように生かしていくことができるかを考えるものである。

検索インデックス


検索カテゴリー

異文化間教育・コミュニケーション教育