用語名

用語詳細

格助詞。名詞、もしくはそれに準ずるものが述語に対して以下に記す関係にあることを表すのに用いられる。
(1)両者が互いに同じ動作・行為をすることで成り立つ動作・行為(結婚する、けんかする、など相手を必要とする動作)の相手を表す。
 ・大統領と握手した。
(2)必ずしも相手を必要とはしない動作(行く、食べるなど)を一緒に動作する相手(=連れ)を表す。
 ・今度、友達と一緒に京都へ行く。
(3)比較する基準を表す。
 ・東京と大阪ではどちらが物価が高いか調べてみる。
(4)変化してそうなった結果を表す。
 ・選挙の結果、ついに彼が首相となった。
(5)列挙する意味を表す。
 ・果物の中では、柿とメロンが好きだ。
(6)「と」の前に述べられた部分が引用であることを示す。
 ・そのとき思わず「危ない」と叫んだ。

検索インデックス


検索カテゴリー

語法