用語名

東西対立

とうざいたいりつ

用語詳細

ある言語的特徴が日本の東部と西部で対立している場合、東西対立の分布という。言語的特徴ごとの境界線は必ずしも一致していない。新潟、岐阜、愛知の間を東寄りあるいは西寄りに、南北に縦走している。東西対立している特徴として、以下のようなものがある。
(1)打ち消し表現「ない」(東)と「ぬ(ん)」(西)
(2)断定の助動詞「だ」(東)と「じゃ、や」(西)
(3)「居る」(東)と「おる」(西)
(4)ウ音便(「アコウナル」(赤くなる)「オモウタ」(思った))の有無。(無し−東、有り−西)
(5)共通語「〜テイル」に相当する表現に、継続相、結果相の二種表現があるか否か。(東西の境界線は、近畿方言と中国方言の間)

検索インデックス


検索カテゴリー

日本語史と方言