用語名

時枝誠記(ときえだもとき)

ときえだもとき

用語詳細

1900 − 1967。国語学者。言語は発話という人間の行為が、聞き手に理解されるまでの過程であるという「言語過程説」を唱え、『国語学原論』(1941)を著す。橋本文法での「文節」を「詞」と「辞」の結合した「句」という一つの単位とし、句は句に包まれるという「入れこ型」構造を提唱した。その他の著作『国語学史』『日本文法口語篇』『日本文法文語篇』『文章研究序説』など。

検索インデックス


検索カテゴリー

日本語史と方言