用語名

取り立て助詞

とりたてじょし

用語詳細

同じ種類のものから何かを取り上げて、取り上げたものに関して述べると同時に、同種のそれ以外のものに関しての情報も伝える働きのある助詞のこと。「は、も、こそ、さえ、でも、しか、まで、ばかり、だけ、ほど、くらい、など、やら」などがある。学校文法で副助詞と呼ばれるものとほぼ同じものである。
 例 サッカー観ます。
「も」は、スポーツの中で「サッカー」を取り上げて「サッカーを観る」という情報に「他のスポーツを観る」という情報を付け加える働きをする。

検索インデックス


検索カテゴリー

文法