用語名

取りだし授業(取りだし指導)

とりだしじゅぎょう

用語詳細

外国人の子どもの学校教育は子どもの立場を尊重して互いに適応していくことがポイントである。異なる文化で成長を始めた子どもの教科学習にも問題点が出てくる。日本の学校の社会科や国語は子どもの親でさえ知らない内容であるから、ことばの障害のみならず内容を理解できない場合も多い。そこで、一般の児童のクラスとは別に社会科や国語を取りだして、日本語の指導を行うケースが出てくる。一般の授業のテンポではないので、理解に困難なところは遠慮なく質問できることなど利点も多い。

検索インデックス


検索カテゴリー

日本語教育の歴史と現状