用語名

道具的動機づけ(instrumental motivation)

どうぐてきどうきづけ

用語詳細

動機づけには内的動機づけと外的動機づけがある。内的動機づけとは、言語をただそれ自体のために、つまりそれ自体の学習対象としてのおもしろさのために学ぶ意欲であり、外的動機づけは、言語以外のところに意欲の対象がある。外的動機づけの一つで、学習者が、その学習言語を学び、その言語の使われているコミュニティと接触することで、なんらかの物質的利益(よい就職やよい待遇)を得たいという意欲を道具的動機づけと呼ぶ。この場合、学習者はその目標が達成できる程度においてのみ、目標文化との接近を行う。

検索インデックス


検索カテゴリー

異文化理解と心理