用語名

動作動詞

どうさどうし

用語詳細

動詞を動作性から分類した場合、動作を表すものが動作動詞であり、状態や存在(つまり非動作性)を表すものが状態動詞と呼ばれる。「テンス」の観点から見た動作動詞の特徴は、現在形が「未来」を表すことであり、他に「現在の習慣」「現在の思考・感覚」「発話内行為」などを表す。過去形は「過去」を表すことが基本だが、他に「完了」やさまざまな「ムード」を表す用法がある。

検索インデックス


検索カテゴリー

文法