日本語教師とは

日本語教師は、外国人に日本語や日本の文化を教え、ときに生活などのサポートも行う仕事です。
現在、日本で日本語を学ぶ外国人は約16万人。また、企業の海外進出や、「Cool Japan」に代表される日本のサブカルチャーの盛り上がりに伴い、海外で日本語を学ぶ人も増加しています。現在、約130カ国で日本語教師が活躍中。世界が日本に注目する今、これからも学習者数は増えることが予想されます。

  • 日本語教師ってどんな仕事?

    外国人に、日本語はもちろん日本の文化を教え、さらに、目的や事情の違う人たちを生活面でもサポートする、大変やりがいの大きい仕事です。日本語を勉強する外国人は、大学や専門学校に通う留学習者、仕事で必要な人、日本人と結婚した人、伝統文化・サブカルチャーに興味がある人など実に様々。最近では日本語学校や企業派遣、ボランティアなどの国際交流が盛んになり、日本語教師の活躍の場は広がってきています。 現在、本校では、約50ヵ国1000人以上の学習者が勉強しています。

    日本語教師ってどんな仕事?

  • どんな人に向いてる?

    まず、日本や世界、言葉に興味がある人。そして、文化や習慣が異なる外国人学習者と積極的にコミュニケーションを図り、日本語を話す楽しさを伝えたいという情熱を持った人。こうした志向・気持ちを持った人なら、どんな人でも日本語教師を目指すことができます。ただ、日本語を「外国語として教える」には、専門知識と楽しく授業を行うクリエイティブな発想力が必要。本校では、実践的な授業を通じて、このスキルと発想を身につけていきます。

    どんな人に向いてる?

  • どうすればなれる?

    現在、日本語教師の国家資格はありません。ただし、ほとんどの場合、文化庁が定める「日本語教員養成において必要とされる教育内容」の420時間の講座を修了するか、「日本語教育能力検定試験」に合格することが求められます。本校では、420時間の授業を修了できるだけでなく、「日本語教育能力検定試験」の対策も可能。また、大学を卒業していたほうが職業選択の幅はぐんと広がります。本校は、ライフスタイルに合わせて自由なスケジュールを決められる420時間WEB講座も設置。ダブルスクールとして通学している大学生も多数在籍しています。

    どうすればなれる?

  • 主な就職先は?

    世界各国の日本語学校、大学など教育機関、日系企業などが一般的です。就職先で多い国は、アジア・太平洋では中国・韓国・台湾・オーストラリア、中南米ではメキシコ・チリ・パラグアイ、アフリカではエジプト・ベナンなどがあります。本校の卒業生も、日本語学校だけでなく、青年海外協力隊、国際交流基金、国内外の大学で活躍中。各機関から大きな評価を得ています。

    主な就職先は?