日本教師の資格を取得するには | 日本語教師養成講座の学校はアークアカデミー

日本語教師とは

日本語教師は、外国人に日本語や日本の文化を教え、ときに生活などのサポートも行う仕事です。
現在、日本で日本語を学ぶ外国人は増えています。また、企業の海外進出や、「Cool Japan」に代表される日本のサブカルチャーの盛り上がりに伴い、海外で日本語を学ぶ人も増加しています。現在、約130か国で日本語教師が活躍中。世界が日本に注目する今、これからも学習者数は増えることが予想されます。

日本語教師ってどんな仕事?

外国人に、日本語はもちろん日本の文化を教え、さらに、目的や事情の違う人たちを生活面でもサポートする、大変やりがいの大きい仕事です。日本語を勉強する外国人は、大学や専門学校に通う留学習者、仕事で必要な人、日本人と結婚した人、伝統文化・サブカルチャーに興味がある人など実に様々。 最近では日本語学校や企業派遣、ボランティアなどの国際交流が盛んになり、日本語教師の活躍の場は広がってきています。 現在、本校では、約50か国1000人以上の学習者が勉強しています。

日本語教師ってどんな仕事?

どんな人に向いてる?

まず、日本や世界、言葉に興味がある人。そして、文化や習慣が異なる外国人学習者と積極的にコミュニケーションを図り、日本語を話す楽しさを伝えたいという情熱を持った人。こうした志向・気持ちを持った人なら、どんな人でも日本語教師を目指すことができます。ただ、日本語を「外国語として教える」には、専門知識と楽しく授業を行うクリエイティブな発想力が必要。本校では、実践的な授業を通じて、このスキルと発想を身につけていきます。

どんな人に向いてる?

日本語教師の勤務スタイルや勤務地は?

日本語教師の活躍の場所は多岐にわたります。

  • <国内>
  • ・法務省告示校
  • ・専門学校や大学の留学生別科
  • ・企業の出張レッスン
  • ・インターナショナルスクール
  • <海外>
  • ・大学
  • ・民間の日本語学校
  • ・技能実習生の送り出し機関
  • ・青年海外協力隊などの公的派遣プログラム

コロナ以降、オンラインでの日本語教育のニーズも高まっています。 勤務スタイルはフルタイムの専任講師、週に数回授業を担当する非常勤講師、フリーランスなどがあります。 柔軟性のある働き方を選択することができるのも日本語教師の魅力のひとつです。 就職先を見つけるときは、求人サイトや教育機関のホームページで情報を収集するのが一般的です。 アークアカデミーは日本語学校を併設しており、養成講座修了生に向けて年数回募集を行っています。 活躍の場として、アークアカデミーを選択する修了生も多いです。

日本語教師になるための3つのルート

①日本語教育能力検定試験に合格
日本語教育能力検定試験は、日本語教育に携わるにあたって必要となる、基礎的な知識や能力が身についているかどうかを問う内容です。
日本語教育能力検定試験は、受験者の制限がなくだれでも受験できます。
国家資格ではありませんが、日本語教師養成講座 420時間コースを修了する以外のルートで日本語教師を目指す人にとっては、重要な資格であると言えます。
学士以上の学歴がない方も、検定試験に合格すれば法務省告示校での勤務基準を満たすことができます。
詳細は下記「日本語教育能力検定試験とは」でも紹介しております
 日本語教育能力検定試験とは

②420時間の日本語教師養成講座の修了
文化庁に届出受理された420単位時間以上の日本語教育に関する研修を受け、修了すれば日本語教師になることができます。
※法務省告示校で勤務するためには学士以上の学歴が必要。
アークアカデミーの420時間日本語教師養成講座は、文法や発音などの知識だけでなく、日本語教育の専門機関としての実績を活かした実践的スキルの習得や、様々な学習者のニーズに対応するための「考える力」を伸ばす教育を重視しています。

③大学・大学院の日本語教育過程の修了
大学や大学院で「日本語教育に関する主専攻(または副専攻)プログラム」を専攻・修了すれば、日本語教師に必要な知識を身につけられます。また卒業と同時に日本語学校の教師になる資格を得ることができます。

本校では、420時間の授業を修了できるだけでなく、「日本語教育能力検定試験」の対策も可能。また、大学を卒業していたほうが職業選択の幅はぐんと広がります。本校は、ライフスタイルに合わせて自由なスケジュールを決められる日本語教師WEB講座も設置。ダブルスクールとして通学している大学生も多数在籍しています。

どうすればなれる?

主な就職先は?

世界各国の日本語学校、大学など教育機関、日系企業などが一般的です。就職先で多い国は、アジア・太平洋では中国・韓国・台湾・オーストラリア、中南米ではメキシコ・チリ・パラグアイ、アフリカではエジプト・ベナンなどがあります。本校の卒業生も、日本語学校だけでなく、青年海外協力隊、国際交流基金、国内外の大学で活躍中。各機関から大きな評価を得ています。

主な就職先は?